スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scilabで時間周波数解析(スペクトログラム)

Scilabには時間周波数解析をする関数が準備されています。
mapsound という関数です。

試してみましょう。

//テスト用信号をを生成
Fs=22050; //サンプリング周波数
Tl=1; //信号の長さ[s]
t=soundsec(Tl,Fs);

f1=3000; //信号に含まれる最低周波数
s=(sin(2*%pi*t.*(f1+t*f1))); //チャープ信号

scf(); //グラフィックウインドウを開く
mapsound(s,0.02,200,10000,1,Fs); //スペクトログラムをプロット
f=gcf();
f.color_map=jetcolormap(256); //色を変更


mapsound.jpg
表示はできましたが、あまり具合は良くないですね。
オーバーラップさせられない、窓関数かけてないなど、基本的な機能が欠けています。
あくまで簡易的なものと考えたほうが良さそうです。

Scilabで時間周波数解析する関数を自作してみましたので、そちらも見ていただけると幸いです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。